Top > 糖尿病と神経

糖尿病と神経

糖尿病の三大合併症にあげられるのが、神経障害です。
神経は我々が生きていく上でとても重要な役割を持ち、生命活動の柱ともいえる部位です。糖尿病の中でもとりわけ危険度が高いとされるのが、この神経障害であり、重篤な場合は命を危機に晒す事もあり得ますから、合併症予防には十分気を配りたいものです。
糖尿病が神経にどのような影響を与えるのかというと、高血糖値の状態が長く続く中で神経細胞の中にソルビトールという物質が徐々に蓄積していきます。このソルビトールは神経に障害を起こして、体のあらゆる所に神経障害の症状が起こってくるのです。
糖尿病性神経障害は原因や症状によって、多発性神経障害、自律神経障害、単一性神経障害に分けられます。糖尿病による神経障害の具体的な症状は、痺れや感覚麻痺、発汗異常、起立性低血圧や膀胱異常など、様々なものがあります。
神経障害が悪化すると、神経麻痺を起こして、痛みなどに対する感覚が薄れてしまい、気が付かないままに怪我や火傷を起こし、そのまま壊疽による足などを切断したり、無痛性心筋梗塞の発作や無自覚性低血糖による突然の意識喪失で突然死だってありえるのです。
そうならない為にも、糖尿病の治療を進め、定期検診を忘れずに受けて予防を心掛けましょう。

 

 あがり症の克服  あがり症の症状
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
糖尿病になるメカニズム(2009年6月20日)
糖尿病の合併症(2009年6月20日)
糖尿病と眼(2009年6月20日)
糖尿病と血管(2009年6月20日)
糖尿病と神経(2009年6月20日)