Top > 糖尿病の合併症

糖尿病の合併症

糖尿病は恐ろしい病気だと言われている事を耳にしている方は多いでしょう。完治が難しく、自覚症状のない糖尿病は、気付かぬ内に我々の体に病魔を呼び込みます。
糖尿病が怖いといわれる理由について考えてみましょう。糖尿病にはたくさんの合併症があります。糖尿病が恐れられているのは、この合併症が命に係わる重篤なものや、日常生活に多大な影響を与える疾病が多いからです。
糖尿病には三大合併症と呼ばれるものがあります。それは、糖尿病性神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症の事で、高血糖の状態から血管がダメージを受けたり、神経の障害によって体のあちこちに異常を来たしてしまうのです。
糖尿病の三大合併症は有名ですが、他にも合併症はあります。例を挙げると、心筋梗塞や脳梗塞、壊疽、乳酸アシドーシス、白内障、皮膚炎もあれば、歯槽膿漏といった歯の悩みも合併症だと考えられるケースがあります。
また、糖尿病の合併症は、急性と慢性に分けられており、急性合併症は今挙げたものがそうですが、慢性状態では血糖値が顕著な際に起こる糖尿病性昏睡や、ケトアシドーシス性昏睡、高浸透圧性高血糖症候群などがあります。
糖尿病による合併症で死亡する方は少なくありません。合併症を招かないように、進んで治療を行いましょう。

 

 奨学金を利用する  FX初心者と情報商材
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
糖尿病になるメカニズム(2009年6月20日)
糖尿病の合併症(2009年6月20日)
糖尿病と眼(2009年6月20日)
糖尿病と血管(2009年6月20日)
糖尿病と神経(2009年6月20日)