Top > 糖尿病と眼

糖尿病と眼

糖尿病の合併症には、視覚障害があります。主なものは、糖尿病網膜症、白内障、血管新生緑内障で、いずれも重度になると失明の危険がある視覚障害です。
糖尿病の恐ろしさには自覚症状がないことが挙げられますが、これらの視覚障害も、突然目が霞んで来たので医師の診察を受けてみると、糖尿病の合併症を起こしていることが分かり、手の施しようがないほど悪化していたという話はよくあるようです。
この自覚症状がないのが、糖尿病による眼病の怖いところでしょう。失明を防ぎ、視覚障害を起こらないようにするには、糖尿病の検査を定期的に受け、眼底検査で早期発見に努める事です。
眼底検査では、目に光を当てて検眼鏡と呼ばれる検査機器を使い、眼の網膜の状態を調べます。糖尿病だと小さな出血やシミ、損傷が見られますから、糖尿病による眼の合併症を発症させているかどうかが判断できるのです。
合併症によって視覚障害を起こす方は、年間3,000人、糖尿病発症から適切な治療をせずに7年以上経過した場合は危険性が高まり、長年糖尿病の治療を受けている方の8割以上は何らかの視覚障害を起こすと言われます。視力をなくすと生活にも非常に負担が掛かりますから、糖尿病になったら眼のケアも忘れずに、合併症予防に努めましょう。

 

 わきが対策  ディズニーについて
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
糖尿病になるメカニズム(2009年6月20日)
糖尿病の合併症(2009年6月20日)
糖尿病と眼(2009年6月20日)
糖尿病と血管(2009年6月20日)
糖尿病と神経(2009年6月20日)