糖尿病のメカニズムと合併症

糖尿病は恐ろしい病気だと言われている事を耳にしている方は多いでしょう。完治が難しく、自覚症状のない糖尿病は、気付かぬ内に我々の体に病魔を呼び込みます。 糖尿病が怖いといわれる理由について考えてみましょう。糖尿病にはたくさんの合併症があります。糖尿病が恐れられているのは、この合併症が命に係わる重篤なものや、日常生活に多大な影響を与える疾病が多いからです。

Top > 2009年6月

新着情報【2009年6月】

糖尿病を一言で示すなら、血糖値が上がる病気です。では、血糖値は何かというと、糖はブドウ糖の事で、体内のブトウ糖濃度が血糖値なのです。

糖尿病は恐ろしい病気だと言われている事を耳にしている方は多いでしょう。完治が難しく、自覚症状のない糖尿病は、気付かぬ内に我々の体に病魔を呼び込みます。

糖尿病の合併症には、視覚障害があります。主なものは、糖尿病網膜症、白内障、血管新生緑内障で、いずれも重度になると失明の危険がある視覚障害です。

糖尿病の傾向にあると、高血糖から血管に負担が掛かり、様々な疾病リスクを増大させます。

糖尿病の三大合併症にあげられるのが、神経障害です。神経は我々が生きていく上でとても重要な役割を持ち、生命活動の柱ともいえる部位です。
カテゴリー
更新履歴
糖尿病になるメカニズム(2009年6月20日)
糖尿病の合併症(2009年6月20日)
糖尿病と眼(2009年6月20日)
糖尿病と血管(2009年6月20日)
糖尿病と神経(2009年6月20日)