糖尿病のメカニズムと合併症最新の記事

糖尿病になるメカニズム

糖尿病に至るメカニズムを説明してみましょう。
糖尿病を一言で示すなら、血糖値が上がる病気です。では、血糖値は何かというと、糖はブドウ糖の事で、体内のブトウ糖濃度が血糖値なのです。
ブドウ糖は生命活動に必要な物質ですが過剰にあるのも問題で、多すぎるブドウ糖を細胞内にグリコーゲンに姿を変えて移動させるのですが、その時にインスリンが働きます。インスリンはすい臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌される成分・ペプチドホルモンの一種であり、主に炭水化物の代謝を調整しています。
糖尿病になるというのは、このインスリンの分泌機能が損なわれ、バランスを崩す事で発症するとされます。糖尿病は何らかの原因で、血糖値を自らの力では下げる事が出来なくなった状態なのです。
バランスを崩す原因には、食べ過ぎや運動不足などがあります。特に、食べ過ぎなどによって体内のブドウ糖が増えると、その分インスリンを多く分泌させる為、すい臓に負担が掛かり、すい臓のインスリン分泌が不足したり、分泌機能が全く損なわれるケースが多いようです。
糖尿病には、インスリン分泌機能を保ち、生活態度に注意するだけでも予防は可能で、食事や運動には気を配り、糖尿病を避けるようにしましょう。

糖尿病のメカニズムと合併症について

糖尿病は恐ろしい病気だと言われている事を耳にしている方は多いでしょう。完治が難しく、自覚症状のない糖尿病は、気付かぬ内に我々の体に病魔を呼び込みます。 糖尿病が怖いといわれる理由について考えてみましょう。糖尿病にはたくさんの合併症があります。糖尿病が恐れられているのは、この合併症が命に係わる重篤なものや、日常生活に多大な影響を与える疾病が多いからです。
カテゴリー
更新履歴
糖尿病になるメカニズム(2009年6月20日)
糖尿病の合併症(2009年6月20日)
糖尿病と眼(2009年6月20日)
糖尿病と血管(2009年6月20日)
糖尿病と神経(2009年6月20日)